三日坊主

三日坊主


「よ〜し!私も始めるぞ〜!!」なんてその気になることは大切ですが
勢い込みすぎて、いきなり初日に頑張ってしまう人が結構います。

いきなり頑張り過ぎると、必ず翌日にどこかに負担が多くかかっている
ので痛みやだるさ、無気力が発生します。
それこそよくいう「三日坊主」に終わりかねません。
そんなことになっては、元も子もないですね。

肝心なのは、体に負担を感じない程度に
長〜く続けて規則正しいリズムを作ることです。

そして体にリズムが出来て、余裕を感じたら距離やスピードを増やして
いったら良いのではないでしょうか?
  
それから、もっとも注意しなければならないことですが
いくら毎日の習慣だからといって、少しでも体に不調を感じたら
その日は決して無理をせずにウォーキングを控えましょう。

このことは、先の長いことを考えて、その日は体を労わるのだと
そのように理解し納得しなければいけませんよ。
無理は、結果的に前に進めなくなります。


私など・・・失敗談のひとつをお話しますと
一生懸命になり過ぎて、かなり大股で幾分早めに歩いたのです。
数日すると、やっぱり出ました。体が悲鳴を上げ始めたのです。
膝が痛み出しました。

それでも翌日も、また翌日も痛いのをごまかして歩きました。
実は友だちと歩いていたのですが、
いよいよ痛みが気になった頃、今さら・・と言えなくなっていたのです。

そのまま数日が過ぎ、わからないようにびっこを引いて歩く有様と
なってしまいました。
結局は、膝を完全に痛めて大変なことになるのでは。。。
という不安になり「しばらくウォーキングのを休む」と言う結果と
なってしましました。

その後どちらとも「歩こう」と言う言葉が出なくなってしまいました。
それは、初めてのウォーキングでの失敗談です。
  
『勢い込みすぎ』『友だちに言えない』そんな原因ですが
無理は絶対禁物!のいい例ではないかしら?(苦笑)

1人で歩くのも複数で歩くのも
自分の体に一番合った流れで進めていくということを
絶対に忘れては、いけませんからね!

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2008 散歩で健康!ウォーキング初心者ガイド. All rights reserved