リズミカルに歩く

ウォーキング


歩くときに自然と腕を振ります。
それは、腕を振ると体の前後左右のバランスがうまく保てるからです。
そして歩くことがスムーズになり、歩きやすいのです。

ですからウォーキングでも
当然、自然に腕は右左と振ってくれることでしょう。
ただお散歩ではないので、意識して腕を振ります。
肩の力は抜いて、肘の曲げは楽な角度でおよそ90度くらいです。
手のひらは、パーよりは軽くグーに握るのがよいでしょう。
あくまでも軽く。強く握ると体に力が入りますからね。
脇をいい感じに引き締め、「イチ・ニ・イチ・ニ・・・」という感じに
リズミカルに腕を動かせば、足も同じにリズミカルに繰り出せます。
足と腕は、上手に連動しているんですねぇ!

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2008 散歩で健康!ウォーキング初心者ガイド. All rights reserved