ウォーキングは有酸素運動

ウォーキング


ウォーキングは、有酸素運動です。
有酸素運動とは、運動をしながらスムースな呼吸をすることにより
体内に酸素を取り込み、体の機能を整えることを目的とした運動です。
有酸素運動は、全身に酸素を取り込むことによって、体の機能を増進
させます。

モノの本によると、全身の持久力向上に役立ち、
体内の糖代謝や脂肪代謝の改善など生活習慣病の予防や治療に
役立ちます。

有酸素運動の代表選手は、ウォーキングの他にジョギング、サイクリング、
水泳、スクワット、踏み台昇降などがあります。
  
参考までに豆知識ですが、血液中には脂肪も流れているのです。
その脂肪が体脂肪になってしまう前に酸素と結合させて、
運動などによって燃やす必要があります。
また、燃やせずに残ってしまった体脂肪を減らすには、
ゆっくり深〜くたくさんの酸素を吸い込み、取り込むことによって
たくさんの脂肪を燃やすことができる効果が有酸素運動にはあるのです。

脂肪を燃やすためには、多くの酸素が必要です。
脂肪が燃え始めるには、運動を始めてから30分くらいたってからです。
30分以上、休まず止まらず歩き続けてやっと有酸素運動の効果が現れる
ので足を止めないように頑張りましょうね。
信号待ちの時も、立ち止まらなければならない時は
ずっと止まらずに、その場で足踏みし続けますよ(^-^)b!

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2008 散歩で健康!ウォーキング初心者ガイド. All rights reserved