自分の歩き方を見直す

ウォーキング


人は、歩き方を親からわざわざ教わることは、まずないと思います。  
生まれてある時期になると、自分の力で歩き始めます。

自分と同じ人がいないように、食べ方、歩きかたそれぞれ違います。
だから癖というのか、おのおのの歩きかたに個性が
多かれ少なかれあるものです。

特別気になるような癖がなければ問題ありませんが、
もしそれがあるようならば、体の故障の原因にならないように
歩き方を見直し、改善する必要があると思います。
癖は、どこかの部分(その癖によって負荷のかかるところ)に疲労が集中
しいためてしまいます。

また、それは、余分なエネルギーの消費にもつながり疲労を増します。
なかなか自分の歩き方の癖なんてわからないものです。
結構ありがちな癖なんですよ。
猫背、横揺れ歩き、内股、がに股、
どちらかの肩下がり(コレは骨盤のズレから生じるものなので
腰痛と密着しています)などなど。
身近な人に見ていただくとか、一度してみてください。
  
たいていの癖は、姿勢・足運びなど努力で改善できるものですから
がんばって直しましょうね !

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2008 散歩で健康!ウォーキング初心者ガイド. All rights reserved