記憶力のアップなど、脳の活性化

脳の画像


有酸素運動は、健康な体を作るために最適です。
しっかり30分以上続けてウォーキングできるようになると
体中の筋肉が動くことにより、血液の循環がよくなり
有酸素運動の効果で脳に十分な酸素を取り込むことができるように
なります。

たくさん取り入れた酸素が体全体に行き渡り、さらに足の裏から
の刺激により脳が活性化されてその働きが活発になります。
頭がすっきりしてきて記憶力や集中力、理解力など頭の回転がよくなると
言われています。


一般的にスポーツを始めると頭の回転がとてもよくなると聞いた経験が
皆さんにもあると思います。
有酸素運動の効果は、動脈硬化の危険からの予防であったり、
コレステロール値も下がり、脳への血の流れがよくなって脳卒中の予防も
期待できそうです。

なんと認知症に対する効果もわかってきたそうです。
あるところの研究によると、
日ごろから運動をしている人たちとその習慣のない人たちの脳の代謝力を
比較してみると、運動をしていない人たちに比べて2倍も違うそうです。
体力の持久力が高まり、体力、思考力の持続を促し
脳能力の向上という結果が出ているそうです。
いつまでも頭スッキリで元気で生き生きとした生活のためにも
続けていきましょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2008 散歩で健康!ウォーキング初心者ガイド. All rights reserved