私のウォーキング

クツひもを結ぶ


私は、ダイエットを目的として最初始めました。
友だちと二人でした。それも早朝普段起きていないような時間でした。
友だちの提案で早朝だったのですが、友だちはとても早起き。
私は、のんびりスタートタイプだったのです。

朝が辛くて、最初のほうにも書きましたが、だんだん苦痛になってきて…
ムリをして膝を痛め「一旦お休み→自然消滅」という経過を辿って終わり
ました。

その後は、夫と二人で歩き始めました。
私は、持病があり、その頃あまり長くは歩く体力がなかったのです。
何とか元気な体になりたいという気持ちに夫が
「ウォーキングをしよう」といってくれたのが、始まるきっかけでした。
長年一緒に暮らしている夫なので、気兼ねがありません。
とても気楽でした。
夫婦なので、会話もあります。
一日あったこと。子供たちのこと。
ウォーキングのコツは、お喋りしながら歩ける程度の早さです。
決してのろのろダラダラではありませんから、ちょうど良いスピードです。
しかし、夫は交替勤務をしており、
1週間毎に、夕食後と深夜帰宅してからというサイクルでした。
真夜中のウォーキングも夫となら気楽で楽しかったのですが、
さすがに健康のためとはいえ、マイナス方向にも向いてしまいました。

そして最後が、近所のお友だちに誘われてです。
私を含めて4人でした。
皆さん子供さんが大きくなられて夕食後に歩くには十分時間があります。
女4人。毎日毎日話題に事欠かず、喋って笑っててきぱきと歩いて。。。
楽しく面白く、またいろんなことを教わり勉強にもなります。
歩いているうちに、全身に血が回っている気がして体が気持ち良い!
と実感するようになりました。

無駄な脂肪も落ち、体がスッキリしてきました。
首に巻いたタオルが毎日汗をよく吸ってくれます。
あんなに体力がなく、5メートルも走ると半日寝込んでいた私でしたが
すっかり元気になりました。
ちなみに雨の日は、傘を差して歩いていましたよ。
もちろん差して歩ける程度の雨です。
大雨や台風の日なんて絶対歩きません。

今では、子供たちもだいぶ成長し、
夜のウォーキングも気楽に出かけられます。

そういうわけで、私はウォーキングの大切さや良さを実体験として
皆様にお伝えできることを嬉しく思います。
今は、可愛い愛犬と明るい昼間にもお散歩兼ウォーキングを
楽しんでいます。 

今までいろいろ書いてきましたが、
皆さんはどのようにスタートされたでしょうか?
三日坊主にならないように、ムリなく楽しく続けてくださいね。
きっと目標が達成できているはずです。

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2008 散歩で健康!ウォーキング初心者ガイド. All rights reserved